京都の中心地(上京区)にあるギャラリー(貸し画廊)です。京町家の和風スタイルで、陶芸、版画、アート作品、絵画、工芸、染織などの個展やグループ展、創作活動の発表の場として平面や立体を問わずに展示ができます。〈生活あーと空間 ぱるあーと〉


ギャラリー:生活あーと空間 ぱるあーと

京都府庁界隈にある三つの和空間で構成したギャラリー。
町家の雰囲気と日常の生活空間をコンセプトに
様々な作家たちによる作品の展示販売をしています。
営業時間 11:00〜18:00  TEL 075-231-5479
〒602-8031 京都市上京区 西洞院通下立売南入 東裏辻町408

ギャラリーのご利用案内展示と催しの案内アクセスマップギャラリーのご利用案内ギャラリーのご利用案内ギャラリーのご利用案内

バックナンバー2010年度


山本準・山崎あすか「イラスト・パッケージ デザイン展」

2010年
9月19日(日)〜 9月26日(日)

─ 終了しました ─
有り難うございました。

路地裏に感じること。 懐かしさ、暖かさ、別の世界につながっているような期待、別の世界に連れて行かれるような不安。 私が小学生の頃、路地裏はかくれんぼや鬼ごっこの舞台だった。 歩いたことのない路地裏。 知らない路地裏を進み、曲がり角を曲がる度に、次はどんな景色になっているのだろうとわくわくする。 そして進むほどに人気がなく、静かになり「戻れないかもしれない」という不安を覚える。 だがいつかは行き止まりとなるか、路地裏の反対側へと抜ける。 路地裏は家という日常のものに囲まれて作られるごく平凡なものなのに、町の中にぽっかりと生まれた非日常のように感じる。 今回は路地裏という日常の中の非日常を「え」と「はこ」で表現した展覧会です。 山本準 1983年生まれ、岡山県出身 2008年、成安造形大学イラストレーションクラス卒業 幻想風景やキャラクターを中心にイラストレーションを制作 山崎あすか 1983年生まれ、石川県出身 2008年、成安造形大学グラフィックデザインクラス卒業 女の子にかわいいと言われる「はこ」ってどんな「はこ」?を制作意欲にかえて日々研鑽中



バックナンバー移動

バックナンバー


2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度





このページ上へ▲

Copyright (c) 2003 - par-art.co.jp All Rights Reserved.