京都の中心地(上京区)にあるギャラリー(貸し画廊)です。京町家の和風スタイルで、陶芸、版画、アート作品、絵画、工芸、染織などの個展やグループ展、創作活動の発表の場として平面や立体を問わずに展示ができます。〈生活あーと空間 ぱるあーと〉


ギャラリー:生活あーと空間 ぱるあーと

京都府庁界隈にある三つの和空間で構成したギャラリー。
町家の雰囲気と日常の生活空間をコンセプトに
様々な作家たちによる作品の展示販売をしています。
営業時間 11:00〜18:00  TEL 075-231-5479
〒602-8031 京都市上京区 西洞院通下立売南入 東裏辻町408

ギャラリーのご利用案内展示と催しの案内アクセスマップギャラリーのご利用案内ギャラリーのご利用案内ギャラリーのご利用案内

バックナンバー2018年度


「漆+和紙+あかり」
栗本夏樹・フジモトアキコ・村上菜也子 三人展

2018年 9月11日[火]→9月23日[日]
※9月17日(月祝)は休廊日

─ 終了しました ─
有り難うございました。

この度、漆と和紙とあかりで作品制作を行っている三人で展覧会を開催致します。
京都らしい生活感のある空間でアートを楽しむ暮らしを提案したいと思います。
ぜひ、ご高覧下さいますようお願い申し上げます。


栗本夏樹
漆造形作家/京都市立芸術大学で漆芸を学び、学生時代より個展を中心に活動。漆の新しい可能性を探求し、さまざまな素材とのコラボレーションを展開。日本・アメリカ・フランス・韓国・香港などで個展を開催。グループ展も各地で多数参加。

フジモトアキコ
奈良、奥吉野、福西弘行氏(2014年逝去)の手すき和紙やキウイのツルなどを素材に、生命をテーマにした作品『Life Works』シリーズを制作。大阪、東京、Paris、Milanoなどで個展、グループ展開催。

村上菜也子
照明作家/京都在住「月あかりデザイン研究室」主宰
光の演出一つで空間の雰囲気が全く変わってしまう事に気づいてから、以後2001年より、あかりを用いた作品や空間演出、環境に応じて様々な陰影を生かした立体作品の制作展示、インスタレーションを行う。



バックナンバー移動


バックナンバー


2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度





このページ上へ▲

Copyright (c) 2003 - par-art.co.jp All Rights Reserved.