過去の展示2019年

武田浪 作品展(陶芸)

2019年5月28日[火]→ 6月2日[日]

11時〜18時(最終日は17時まで)

event-dm

武田浪 -南蛮そして鬼ヶ島- ROU TAKEDA MEMORIAL EXHIBITION
- 焼き締めの陶 -
新しい土との出会いの始まりは、沖縄の南蛮土だ。島武己の工房で南蛮土の作陶に挑んだ。(中略)滋賀県湖東の土を手に入れたが、この土も手に負えないものだった。試行錯誤の日々が続いたが、ある時この土の泥を表面に塗って焼くと、いままでになかった黄色がかったものが焼きあがった。次には赤色をおびたもの、白い部分が多く炎色と自然灰が彩りをそえたものなど。(中略)
1996年、この土を「鬼ヶ島」と命名した。
武田浪「炎芸術」No.83 2005年より

 

は、は〜ん版 PART9(版画)

2019年5月14日[火]→ 5月19日[日]

11時〜18時(最終日は17時まで)

event-dm

まざまな技法で表現する版画作品
各分野で活躍の作家達がさまざまな技法で表現する「は、は〜ん」な版画作品を是非ご高覧ください。

【出展作家】岡田毅・佐久間嘉明・瀬和居孝一・宗由美子・中村美知生・畠中光享・村田好謙

 

第4回 すえひろ展

2019年4月23日[火]→ 4月28日[日]

11時〜18時(最終日は17時まで)

event-dm

色んな方法で表現する作家達のドキドキ・ワクワクする作品が集まりました。楽しい出会いがある展覧会に、ぜひお立ち寄りください。

【出展作家】瀬和居孝一(版画)・中西澄子(篆刻)・中村美知生(版画・書)・林田隆(書)・藤原眞知子(スケッチ・蔵書票)・まりこばこ(ステンドグラス)・山岡睦子(書)・依田美砂子(版画)

 

京都・ボストン姉妹都市提携60周年記念
京都工芸の精華小品展

2019年4月10日[水]→ 4月21日[日]
(4月15日[月]休廊)

11時〜18時(最終日は17時まで)

event-dm

京都・ボストン姉妹都市提携60周年記念 京都工芸の精華2019 小品展
〈入場無料〉
主催 作家集団「工芸京都」

京都の長い歴史と伝統文化の中で発達してきた工芸は、常に先進的なモノにチャレンジしてきた成果でもあります。工芸京都は日本の風土で育まれた工芸の素晴らしさを再認識していただくとともに、広く世界の皆さんに伝えるべく結成された作家の集団です。
「今」を生きるそれぞれの分野で活躍する作家たちの取り組みをご高覧いただければ幸いです。

ギャラリトーク 4月13日(土)・20日(土) 各日 14時〜(約30分)

  • 【陶芸】井出照子・今井眞正・今井政之・永樂善五郎・片山雅美・加藤丈尋・叶道夫・河野榮一・小林英夫・柴田良三・伯耆正一
  • 【漆芸】井上絵美子・藤井收・三木啓樂・村田好謙・望月玉船
  • 【染織】井隼慶人・小林祥晃・内藤英治・長尾紀壽・細見巧・𠮷田匡廣・吉水絹代
  • 【金工】向井弘子
  • 【木工】角田誠治・村山明
  • 【人形】面屋庄甫
  • 【硝子】德力竜生
 

岩井晴香(日本画)・井上路久(陶芸)二人展

2019年03月26日[火]→ 3月31日[日]

11時〜18時(最終日は17時まで)

event-dm

日本画と陶芸、互いに初めての試みとなる二人展です。学生時代は同じ大学で日本画を学んだ二人ですが、今はそれぞれの表現へ至っています。是非ご高覧くださいませ。

【略歴】
岩井晴香
京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程修了/創画展('06〜'18、奨励賞受賞'07、'16)/京都日本画新展 優秀賞受賞('12)/創画会 会友/京都日本画家協会 会員

井上路久
京都精華大学芸術学部造形学科日本画卒業/素明窯 三代目/創工会 会員/京都工芸美術作家協会 会員

 
京都府庁界隈にある三つの和空間で構成したギャラリー。町家の雰囲気と日常の生活空間をコンセプトに様々な作家たちによる作品の展示販売をしています。
スポンサーサイト